必死すぎる風俗嬢に恐怖

風俗で感じたことがる

風俗っていろんなことに気付かせてくれるものですね。それを実感しているんです。自分が楽しみたいという意思を持って楽しんでいるのは言うまでもないんですけど、それだけじゃないというか、時に風俗嬢から自分でも気付かなかった衝撃を与えられることもありますし、思わぬ喜びもあります。風俗にはそういった新しい喜びもあるってことに気付かされたというか、女の子に抜いてもらうだけじゃなくて、こうしていろんなことまで楽しめる世界なんだなってことに気付かされたんですよ。だから、今後ももっともっといろんなことに気付きたいなって気持ちになっています。その場で快感を得られるってだけではなくて、そこに至るまでのプロセスだったり、自分自身でも気付かない自分に気付かせてくれる世界なんだなってことに気付けただけでも、自分自身の風俗レベルが一つ高くなったんじゃないのかなって思っていますし、これからももっともっと楽しみたいですね(笑)

時々でも楽しめるものだからいいんです

風俗ってたまに楽しむくらいでも十分に面白いものだと思うんですよね。定期的に利用しなければならないルールなんてありません。気が向いた時だけ遊ぶだけでも全然問題ないんですよ。だから風俗で遊ぶ時には、自分が気が向いた時ですね。そして、いつ気が向くのかは誰にも分からないじゃないですか。でも、それでいいんじゃないかなって思います。風俗は好きな時に好きなように楽しめばよいってことは、裏を返せばいつでも楽しめるってことじゃないですか。だから優先順位的に下の方になってしまうのも仕方ないんですけど、それはそれでとっても楽しいんじゃないかなって。むしろいつでも楽しめるからこそ、気分転換にもってこいでもあるんですよね。それだけに、風俗は心の支えとまでは言いませんけど、少し煮詰まっている時に遊ぶと、頭の中をリフレッシュしてくれるので重宝しています。風俗嬢と話すことによって、何気なく気付かされることもあったりしますしね。