必死すぎる風俗嬢に恐怖

ずる休みして風俗に行きました

バイトをずる休みして風俗に行ったんですよ。だってバイトがもう面倒っていうか、休みをくれないし、休むなら他に人を確保しろとかまんまブラックバイトじゃないですか(苦笑)こんな所で続けても自分が消耗するだけだと思うので、とりあえずタイムカードのコピーは取ったので、一方的に退職届を出して風俗に行ったんです(笑)それまでバイトを頑張ってこれたのは、バイト代で風俗で遊ぶためなので、バイトを辞めたら当分は風俗で遊ぶことも出来ないなとは思いますけど、ブラックバイトで頑張って無駄に消耗するよりはマシですよね。それに、ずる休みしていったというそのシチュエーションに自分自身が何となく盛り上がっちゃったんですよ(笑)これくらい楽しめるなら文句ないという気持ちと、ずる休みしていったというちょっとしたうしろめたさ。おそらくいろいろな感情が混ざったいたんじゃないのかなって思うんですよね。それがとっても楽しかったんです。

出張こそ最大のチャンスなり

出張の瞬間こそ、自分が風俗で遊ぶ最大のチャンスですね(笑)結婚しているけど子供がいない。そんな自分は、子供がいる既婚者と比べれば自分の時間はある方だとは思います。ただ、風俗となるといくらサービスではあっても他の女の子と遊んで帰宅して顔を見られるのがどうしても引っ掛かるというか、嫌って意味じゃなく、そこでいつも通りの自分を貫き通す自信はないなと(苦笑)いつもと様子が違うってことでもしかしたらバレてしまうかもしれないじゃないですか。軽い失敗なんて別に何も思わないですけど、風俗に関しては失敗は許されないんです。だから自分でも慎重にと考えていますが、出張の時であれば別に帰宅してから妻の顔を見る訳でもないので、心置きなく風俗の時間を楽しむことが出来るんじゃないかなって思っています。それに、出張しているのは事実なんです。そこでの時間を楽しめば、それだけでも全然違う気持ちになれるんじゃないかなって思いますよ。