必死すぎる風俗嬢に恐怖

魅惑の存在感でした

ちらほらと風俗のポータルサイトを見ている時に見つけたのがIさんでした。とっても美人だなとは思ったんです。でも、風俗って外見だけじゃないですよね。内面も含めて「存在感」じゃないですか。だからどうしようか迷っていたんですけど、外見の良さも一つの武器だよなって自分に言い聞かせて、彼女を指名したんです。そして、それが大成功だったって話ですね(笑)本当に美人でしたよ。だからか、何をするとかじゃなくて彼女と一緒の部屋に居るだけで興奮しちゃいました。これは最近の風俗ではあまり感じることがなかった気持ちなだけに、自分でも結構驚きだったんですよ。でもそのドキドキのおかげもあって、かなり濃密な時間になりました。それに彼女、美人でありつつ、フェロモンも溢れていましたね。まだまだ若いのに、熟女のような魅惑のフェロモンがあったので、それだけでも彼女を指名して良かったし、心の底からの満足感を得られたかなって思っています。

体力よりも配慮かな

体力に自信があるからと言って必ず風俗で楽しめるとは限りません。むしろ風俗でより楽しむためには相手への配慮こそが大切になってくるんじゃないのかなって思うんですよ。プライベートで女の子と楽しむのであれば体力も大切だと思うんです。体力があった方が持続力もあれば、何連発だって出来るでしょうしね。でも風俗はそんなに何連発もするようなものではないと思いますし、さらに言えばジャンルによっては自分の体力がそこまで求められるわけではないんですよね。それよりも女の子への配慮の方が風俗嬢のモチベーションを刺激するので、配慮してあげた方が良いと思いますよ(笑)ちょっとしたことでいいんですよ。少し相手のことを「考えています」というポーズをするだけでも相手の風俗嬢の気持ちは全然違うものになりますので、それによってこちらへのモチベーションが変わります。つまりは満足しやすい時間になりますので、何気に大切なことなんじゃないのかなって。